拙者、デブでござる。

  • 体重:76.9kg(-3.5kg)
  • BMI:23.7(-1.1)
  • ウエスト:88cm(-8cm)
  • 体脂肪率:21.0%(-0.9%)
  • 筋肉量:57.6kg(-1.9kg)
  • 内臓脂肪:10.5レベル(-1.0)
  • 基礎代謝:1,700kカロリー(-66kカロリー)
  • 体内年齢:37歳(-1歳)
  • 便秘:1日目

じわじわーっと体重下がり始めたでござるが、まあ、誤差の範囲でござろう。さすがに2ヶ月もダイエットしていると、ちょっとした数値の変化は気にならなくなるでござる。

本日の食事は、

  • 朝食:和食(500kカロリー)
  • 昼食:カップ麺(500kカロリー)
  • 夕食:幕の内弁当(700kカロリー)
  • 間食:コーヒー1本(0kカロリー)
  • 合計:1,700kカロリー

本日は嫁が飲み会。ということで、しんみり家で一人で幕の内弁当をほおばるでござる。やはり一人で食べる弁当は味気ないでござる…。

二人であっても、スーパーのコンビニ弁当は味気ないと思うでござるが。

メタボ解消のモチベを維持する方法って?

これってメタボどうこうではなく、ダイエット全般について言えそうでござるな。おかしな方法をしなければ「続けてさえいれば痩せる」これは間違いないでござる。

ダイエッターが失敗する原因のほとんどは、

続かない

なので、無理のない範囲でとにかく継続することが大事、ってのはよく言われる話でござるな。

じゃあ、メタボに限定した場合、モチベを維持して対策を継続する方法ってあるのでござろうか?

モチベ侍が語る!メタボを何とかするためのモチベ維持方法

メタボは何とかしたい、でもその気持ちが続かないというのはよくある話だと思います。割と、最初は続くんです。最初は結果も出やすいですし、結果が出れば頑張れるのです。

気をつけるのは停滞期

ただ、どこかでほぼ必ず停滞期がやってきます。

ずっと結果が出続ける人もいると思いますが、そういう人はそもそもモチベがどうというふうには思わないでしょうか。結果が出ることがモチベなのですから、結果が出ているうちは気にし過ぎなくても良いと思います。

問題は、停滞期にどうするかです。それでも負けずに頑張れる人はもちろんいますが、中々そう上手くはいきません。上手くいくのだったら、苦労などしません。

ですので、モチベを維持する方法というのが何かしら必要になってきます。

ですがここも難しいところで、これがあればモチベ維持出来るとも断言出来ないのです。何でモチベ維持出来るかなんて人それぞれですし、そういうのは自分で見つけるしかありません。

ですので、ここではいくつか挙げさせていただきます。

メタボが停滞期にモチベを維持するための方法

①レコーディング

1つは、記録をすることです。メタボということは、お腹周りを計測すると思うのですが、それをしっかり記録につけておきましょう。

そういうことをしないでうろ覚えでやっていく人もいるかもしれませんが、それではどこかで忘れてしまうと思いますし、最初がどれくらいだったか、数字によっては以前計測したときより増えているのか減っているのか分からなくなることもあると思います。

それが1回だけならあまり問題ではないのですが、そういうことが続くと面倒になってしまったりいつの間にか計測しなくなってしまいます。

ですので、計測するたびに記録をしておくことをお勧めします。そうすれば変化も分かりやすいです。折れ線グラフにすると、特に変化が分かりやすくなると思うのでお勧めです。

また、最初は結果が出やすいと思うので毎日計測しても良いかもしれませんが、日が経ってくるとあまり結果が出なくなってきます。

そういうときも以前と変わらず記録をしたくなるかもしれませんが、中々結果が出ない中計測していくというのは中々辛いものがあるので、変化がなくなってきたなと思ったら隔日にしてみるとかそういう工夫があっても良いのかなと思います。

ただ、あまりに間隔を空けすぎてしまうと油断してまた元通りなんてことにもなりかねないので、空けるとしても数日程度が良いかと思います。

空けすぎると単純に忘れるという可能性もあるので、そこは自分のさじ加減でやってみると良いでしょう。

②ご褒美制度

2つ目は、ベタかもしれませんがご褒美を設けることです。とはいっても、結果にそぐわないほどのご褒美はいけません。ご褒美の内容は人それぞれで良いと思いますが、とにかく甘やかし過ぎないようにしてください。

そこが守れないなら、ご褒美はむしろないほうが良いかもしれません。とは言いつつも、何かしらご褒美はほしいものです。何が良いのかいうと、それはもう個人の好きなものによるものです。

ただ、何も決めないで痩せたらご褒美とか大雑把に決めてしまうと、自分を過度に甘やかすことになってしまいます。ですので、痩せた程度に合うご褒美を与えてあげてください。

最初はモチベ維持のために、1cm程度のご褒美があっても良いと思います。その人がどれくらいメタボなのかにもよりますが、最初からモチベが低いと続けるのは大変ですから、最初は1cm程度からでも良いと思います。

まずは続けることが大事なのです。そのためには、予めご褒美を決めておいても良いのかもしれません。1cm痩せたらこれというふうに、表にしておくと分かりやすくてモチベ維持になるのではないでしょうか。

かなり痩せなければならない人は決めていくのも大変かもしれませんが、そういう人は一気に痩せる可能性もあるので、1cmずつではなく2cmずつくらいでも良いかもしれません。

ご褒美というと自分を甘やかしてしまいそうですが、ご褒美はやはり必要です。それに、痩せればそれでいいというわけではありません。維持するのも大事なのです。

ですので、痩せてからも気は抜かないようにしてください。維持方法は自分で見つけることが出来ればかなり大きいです。それが自分のためにもなりますし、もし家族に協力してもらえることがあれば頼んでおくのも重要かと思います。

見られていると分かれば頑張れることもあるわけですし、そういう状況に自分を置いてみるのも良いのではないでしょうか。ちょっと痩せるだけなら確かに簡単かもしれませんが、メタボ解消となるとハードルが高いと思い中々始められないかもしれません。

それなら、痩せた後の自分を想像してみるのも良いと思いますし、痩せたら着たい服を用意しておくというのも良いモチベになるのではないでしょうか。

とにかく、目標を達成するために頑張ってください。モチベを維持するために、自分のことを考えてみてください。それがきっと結果に繋がります。

モチベ侍の話を聞いて

モチベうんぬんはおいておいて、レコーディングはマジで大事でござる。全然変化ないでござるなーって思っていても、意外に痩せているものでござる。

ダイエット前と現在で、それほど体型が違ったようには感じないでござるが、数値を見ると一目瞭然。

体重は3kg、ウエストは8cm減ってるんでござるな。

意外に自分のことって自分では気づきにくいでござる。でも、数値は客観的に見ることができるんでござるな。

まあ、停滞期に突入すると、動かない数値にイラつきそうでござるが。ともあれ、レコーディングはオススメでござるよ。

ご褒美は…アルフォートを一度でも買ってしまうと、やめられないとまらないになってしまいそうでござるから、拙者は当分ナシでいこうと思ってるでござる。