拙者、デブでござる。

  • 体重:74.8kg(-5.6kg)
  • BMI:23.1(-1.7)
  • ウエスト:87cm(-9cm)
  • 体脂肪率:19.4%(-2.5%)
  • 筋肉量:57.2kg(-2.3kg)
  • 内臓脂肪:10.0レベル(-1.5)
  • 基礎代謝:1,683kカロリー(-83kカロリー)
  • 体内年齢:35歳(-3歳)
  • 便秘:2日目

体重がなんかスコーンと下がったでござる。ダイエットもラストスパートでござるが、ダイエットで大事なのはその状態をキープすること。

拙者の場合、食事制限も運動もせず、ただ葛の花サプリ飲んでるだけでござるから、キープは容易。

無理に何かを始めて面倒くさくなっちゃうくらいなら、今のままでもいいんでない?なんてことを考えちゃうでござるなあ。

本日の食事は、

  • 朝食:和食(500kカロリー)
  • 昼食:キムチチャーハン(600kカロリー)
  • 夕食:惣菜(600kカロリー)
  • 間食:コーヒー0本(0kカロリー)
  • 合計:1,700kカロリー

いつもどおりでござるよ。

とはいえやはり必要な運動

拙者はサプリオンリーで痩せようと考えているでござるが、痩せるだけならサプリでOKな気もするのでござる。

駄菓子菓子、メタボの怖いところは血管がつまるってところなわけで。3か月前に比べて、体重ウエスト関連のすべての数値がよくなってはいるものの、体が軽くなったってことはないんでござるな。

運動してないので、血液はなんとなくドロドロしてるなあ、という感覚は消えないのでござる。まあ、これは年のせいもござろう。

ゆえに年を取っている人ほど、体重減少目的とは別に、運動をする必要はあると思うのでござるよ。

運動についてはこのサイトでも何度か触れているでござるが、今回はおすすめの有酸素運動を「有酸素の局」に語ってもらうでござる。

有酸素の局が語る!メタボ解消におすすめの有酸素運動4選

メタボを解消するには食事だけではなく体重を減らすために運動をすることが大切です。メタボになった時には、とりあえず体重を減らすことが、最も大切なんです。

そのため、体重を減らすことができるのは食事ではなく運動です。その運動こそ、積極的に取り組むことが必要なのです。時間がたっぷりとある人は、その時間を利用して取り組むといいですね。

また時間がないと言う人は、それなりの自分のできる運動方法を実施するようにします。これはできない、あれもできないから無理と思っていると、ますます太ってしまいます。今できる運動方法を取り組むことにしましょう。できる方法について、まとめてみました。

ジョギング

ジョギングは、有酸素運動として行うことができるので、とても良い運動方法です。もしも朝に起きることができてその時に時間があるようなら、ジョギングをしましょう。

そしてその時、注意をすることがあります。ジョギングは、かなりカロリーを消費することができる分、体に負担がかかります。そのため、自分のペースに合わせておこなうことが大事なのです。

もしも無理をして最初からガンガン走っていると、倒れてしまう事もあるのです。そんなことになったら大変ですね。そのため、決して無理をしないようにします。そして少しづつそのペースをあげていくようにしましょう。

ペースをあげていくようにすると、無理をしないで行うことが出来ますね。またその時に、かならず水分摂取を行うようにします。脱水になるとその時も、倒れてしまうからです。メタボの体を無理に動かすことになるので、最初から飛ばすことはやめて、じっくりと取り組みます。

ジムでトレーニングする

ジョギングをする時間がない、少し恥ずかしいと思っている人は、ジムに通うことも効果的です。ジムでは大勢の人が、体力を付けるため、痩せるために取り組んでいます。

そのことから、その人たちから刺激を受けることが出来るのです。それはとても良い事です。刺激を受けることができると、ますますがんばろうとそんな気持ちを持つことができます。仲間ができるということですね。それはとても大切な事です。ライバル出現と言う形であると、もっと良いと感じます。

またトレーナーに指導を受けることもいいですね。その時、メタボであると診断されたことを、トレーナーに伝えます。人に伝えることによって、自分のことを再認識することができるからです。そして頑張ることができます。また指導を受けることができるのでいいですね。

自宅でヨガなどに取り組む

ヨガをしたいと思っている人は、自宅内でできるので、とても良い方法です。有酸素運動のように、激しい動きをすることがないので、メタボに効果がないのではと感じることがありますね。

ところがしっかりと、その効果を感じることができます。それは、ヨガをすることにより、じっくりと大きな筋肉を動かすことができるからです。そのため、じんわりと汗をかくことがあります。

その汗は、痩せることが出来るのです。自宅で行うことができると、毎日行うことができますね。10分とか時間を決めて、毎日取り組みましょう。その毎日行うことが、とても大事です。毎日行うことによって、筋肉が少しづつ柔らかくなり、動きやすくなります。

筋肉が鍛えられると、代謝も良くなるので、汗をかきやすくなるのです。有酸素運動だけではなく、このようにじっくりと筋肉を刺激することができる運動方法も、かなり期待することができます。

ラジオ体操

メタボと診断されたけど、無理に運動をすることができないと感じることがありますね。特にひどいメタボの場合は、急に激しい運動をすることは危険です。そのため、じっくりと毎日行うことができる運動方法を選択します。そして慣れてきたら、激しい動きをすることに移行するといいですね。

そしてその前には、ラジオ体操も有効です。ラジオ体操は、じっくりとした動きに見えますが、全身を動かすことができる、とても良い運動方法です。そのため、最初は有酸素運動が無理と思っている人は、ラジオ体操から始めましょう。ラジオ体操だったら、誰でも取り組むことができますね。取り組むことができるなら、どんな体操でもOKです。

有酸素の局の話を聞いて

そんなに難しくない運動でござるな。ただ、毎日続けるってのが大事なわけで。

なので、面倒くさくない範囲で、まずは「こんなもんでいいの?」くらいの運動から始めるのがベストでござろう。

拙者のように引きこもりな人間は、朝のジョギングだけとか。通勤している人なら、エレベーターを使わないようにするとか。

最初はそんなもんでもいいと思うんでござるな。とにかく続けること。これが大事でござる。