拙者、デブでござる。

  • 体重:76.7kg(-3.7kg)
  • BMI:23.7(-1.1)
  • ウエスト:89cm(-7cm)
  • 体脂肪率:19.1%(-2.8%)
  • 筋肉量:58.8kg(-0.7kg)
  • 内臓脂肪:10.5レベル(-1.0)
  • 基礎代謝:1,736kカロリー(-30kカロリー)
  • 体内年齢:34歳(-4歳)
  • 便秘:5日目

便秘が止まらない止まらせない。5日分の宿便って結構な量でござるよなあ。それをすっぽり納めてしまう腸ってすごいな、と改めて思うでござる。

本日の食事は、

  • 朝食:和食(500kカロリー)
  • 昼食:キムチチャーハン(600kカロリー)
  • 夕食:幕ノ内弁当(700kカロリー)
  • 間食:コーヒー0本(0kカロリー)
  • 合計:1,800kカロリー

可もなく不可もなくでござるな。

メタボは疲れやすい?

イメージとしては「デブは疲れやすい」。誰もが持っているイメージでござるな。

実際のところどうなんでござろう。拙者、確かに疲れやすくはなってるでござるが、年のせいなのかデブのせいなのか判断できないのでござる。

そこで、年中疲れており疲れに詳しい「疲れ武者」に話を聞いてみたでござる。

疲れ武者が語る!メタボは疲れやすい!理由はこれだ!

体重が増えると若い人ならダイエットをしようと思います。そして、若いうちは割と簡単に結果を出すことができます。なぜなら若い人は代謝が優れているため、痩せやすいんですね。そのため、ちょっと運動をすると体重を減らすことができたりします。

ところが年を取ると、そうもいかなくなります。運動をしてもやせない、食事を努力してもなかなか痩せることができない。若いころのようにいかなくなってしまうのです。そのことに対して嫌になってしまうことも。結果、痩せることを諦めてしまう事もあります。

そうこうしているうちに、メタボになってしまうこともありますよね。メタボになったならできるだけ早めに解決することが必要です。なぜなら、疲れやすくなってしまうからです。その因果関係についてまとめてみました。原因を知って、早急に対処することを心がけましょう。

体重増加による疲れが起きる

体重が増加すると、体を動かすことが辛くなります。すると、疲れやすくなるのです。ちょっとした事でも疲れてしまうことになります。体重が増えて動かなくなると、さらに代謝が悪くなり太ってしまうことになります。

悪循環を断ち切ることができるのは、自分の意思です。

意思をしっかりと持って、メタボを改善させたいと思うことが必要なのです。その気持ちを持つようにして、積極的に動くようにします。自分が無理と思ってしまっては、先に進むことができません。必ずできると信じて、頑張ることをおすすめします。体重増加については、運動をすること、食事をバランスよく取って、食べ過ぎないことが大事ですね。

中性脂肪の蓄積により脂肪肝になり疲れる

肝臓は、私たちの体にとってとても大切な臓器です。肝臓には、体の毒素を排出する働きがあります。その肝臓が脂肪肝となると、毒がうまく吐き出せなくなります。また循環が悪くなるので、血液がどろどろになってしまい、その結果、疲れやすくなります。ドロドロ血液は脂肪肝が起こすこともあるのです。

中性脂肪を減らすためにも、やっぱり運動が大事になってきますね。

中性脂肪がたまり心臓疾患になり疲れやすい

メタボになると、体のなかに中性脂肪がたまりやすくなります。中性脂肪は心臓疾患を引き起こす恐れがあるのです。

心臓疾患と言うと、有名なものに狭心症や心筋梗塞があります。それらの病気になると命の危険さえあります。

心臓が弱ってしまうと、全身に血液を送り出す起毛が劣ってくるため、疲れやすく、代謝機能も落ちてきます。体のなかに余分なモノがたまりやすい状態ができあがってしまうんですね。

余分なものの中には疲労物質も含まれます。階段をちょっと登っただけでも、汗をかいたり疲れやすくなるのは、疲労物質が原因の一つです。

お酒の飲み過ぎで疲れやすい

メタボの人の中には、お酒が大好きと言う人が多いです。そしてお酒は、肝臓をとても痛めます。結果、肝臓がきちんと機能しなくなり疲れやすくなります。

炭水化物の摂り過ぎで疲れやすい

メタボの人は、炭水化物が大好きな人が多いです。炭水化物はある程度なら、体にとっては必要な栄養素です。しかし取りすぎてしまうと、とても疲れやすくなります。

それは、ラーメンやご飯を取りすぎてしまうと脂肪肝になりやすいということです。脂肪肝になると、疲れやすくなることは先ほどお話したとおりです。

そのため、炭水化物を控えることが大事です。食生活の中で、炭水化物を少なくして、野菜を多くするといいですね。野菜はカロリーが少ないですし、体の代謝をよくすることが出来ます。

そのことを理解して、意識して野菜を取るようにしましょう。また、野菜を最初に食べる事も大切です。野菜を最初に食べることによって満腹感を得ることが出来ます。

そうすることで、必要以上に食べ過ぎてしまうことをセーブすることが出来るのです。疲れやすいと思っている人は、炭水化物を控えるように努力をしましょう。

疲れ武者の話を聞いて

メタボになると体のあちこちがボロボロになって、結果として疲れやすくなるんでござるな。

疲労の仕組みを正確に知っているわけではござらんが、部品がさびていると疲れやすくなるのは確かでござろう。

日々のメンテが重要。特に食事と運動。まさにダイエットと同じでござるなあ。これをめんどいって思っちゃうのも、疲労が原因なのでござろうか。